Top > 健康 > 増える小児の生活習慣病・肥満

増える小児の生活習慣病・肥満

最近の子というのは背丈がスーッと高くて手や足の長さも長く、古い時代の人より恰好が良いです。

 

こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から肉類を中心とした欧米型のメニューに社会全体として傾いてきたからです。

 

 

 

ところが、糖尿病や高血圧といった昔ならあまり日本人には多くなかった病気が急増しています。

 

 

もっと心配なのは小児の生活習慣病・肥満も急激に数を増している状況です。

 

 

 

野菜類の栄養の代表といえるビタミン類には、それ以外の様々な栄養をサポートする、体の様々な生理作用をコーディネートするなどの働きがあります。

 

 

細胞の一つ一つに活力を与え、病気に打ち勝つ免疫力を維持するために、絶対に欠かしてはいけない栄養といえます。

 

パセリや大根などの野菜だったりキウィやリンゴなどのフルーツにも含まれるビタミンについては白血球の作用を向上させる効力のあることが証明されています。海藻には血管の老化の予防や改善につながる不飽和脂肪酸が多く含まれます。中でもDHAについてはよく知られるところとなっています。

これについては子どもらの頭脳の発育にプラスになると考えられている成分です。

海藻にこれほどの栄養素が含有されるのは、海洋の滋養分がグッと詰め込まれているからです。海藻を使ったヘルシーメニューをいつもたくさん食べて、海のパワーで元気に過ごしましょう。

 

 

 

お子さんの身体を育てるのが食べ物です。

 

 

 

食物の栄養に秘められた力は、薬以上の働きをすることがあります。

 

 

 

子供の日々食べているものこそが発育の状態にも小さくない影響があります。まわりの人々、とりわけ親の場合は、その意識を強く持っておくことが大切です。

食物は体の免疫力アップにも強い効力を発揮しますし、頭脳明晰な子に育つうえでもカギとなります。海藻はまるで野菜のようにビタミン類にミネラルなど健康増進に役立つ成分を豊富に蓄積しています。

 

さらに血液中の白血球を強力にし、有効成分がなどガンを含む生活習慣病を防ぎ、免疫力をアップさせる効果のある食材です。水溶性の食物繊維を多く含むのが海藻です。

腸内の善玉菌をいっぱいに増やし、大腸の運動を活発化し、ビタミンB群の生合成にもふかく関わってくることなど宝のような存在なのです。

 

子どもらの脳みそはほんの3,4歳で通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。

 

 

あとは与えられた刺激によって向上していき、筋肉を鍛えて強くするのと同じように、知的トレーニングを行うことでさらにレベルがアップしていきます。

食物に含まれるカルシウムやビタミンB1は脳を鍛えていく上での中心となる成分です。さらには話題の成分であるDHA・EPAというのは脳内で情報の伝わり方を促進する効果で知られています。DHAサプリは子供の脳の発達を促進する

心身ともに大きく育っていく子はいろんな栄養が全体として満たせる食事を規則正しい時間にちゃんと食べることが必要です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、本来の体にとって必要な栄養のシーソーが乱れ兼ねません。

一つの幼稚園では自分の分のご飯を自分でよそわせ、子ども自身の欲している容量の実感できるようにさせているようですが、なかなか本質をついたやり方だと感じました。多くの野菜にはたくさんのミネラルが含有されます。

 

 

ミネラルはからだを構成しているのと同時に、口から食べるものの消化や吸収、不要なものの排泄、活力の生産など体の生命現象をいい具合に整える働きがあります。

 

そして野菜には便秘を防ぎ、腸内の有害物もきれいに排出する食物繊維がたくさん含まれることを忘れてはいけません。

これらは体では作り出せませんから、食べ物から摂取することが不可欠なのです。

健康

関連エントリー
増える小児の生活習慣病・肥満ビタミンは人体ではつくれないので食物から摂取する栄養子供の知能の発育を支えるDHAについて