Top > プチ断食 > プチ断食で失敗するとなぜか肥満しやすい体になってしまう

プチ断食で失敗するとなぜか肥満しやすい体になってしまう

授乳中でも酵素ダイエットを行なうことは可能ですが、しかし、プチ断食との組み合わせだけは止めておきましょう。

 

授乳中は赤ちゃんにたっぷり栄養を与えられるようにいつも以上にしっかり食事をとらなければなりませんから、もし酵素ダイエットを試したいなら通常の食事にコウソを多く含む生野菜や果物を追加し、そうした上で酵素ジュース、サプリを補うようにしていくのがおすすめです。

そうした酵素を摂るだけのやり方であっても良いダイエットの効果は得られるでしょう。

 

 

 

酵素減量法の最中は、アルコールを避けましょう。

 

アルコール飲料を飲むと、肝臓がアルコール分解を始め、この時に消化酵素が活躍しますが、これにより体内の酵素総量が減ってKOSO断食が阻害されます。アルコールのデメリットはまだあり、酔いが深まるにつれ気が緩み、おいしいおつまみやシメのラーメンに至るまでしっかり食べてしまったりすることも珍しくありません。

酵素ダイエット実行中はできれば飲酒をしないでおくか、無理であればごく少量に抑えるようにします。

 

効果抜群として名高い酵素ダイエットですが中には失敗に終わる人もいて、よくみかけるのは、コウソの摂取によって消化能力が強化されたから「どれだけ食べても太らない」と誤解して、だらだら大量に飲み食いするようになってしまった事例です。他に、酵素断食とは抜群の相性を誇るプチ断食と組み合わせてダイエット生活を実行中に、普段の食生活にいきなり戻ったりすると、残念ながらかなりの確率で失敗します。

KOSO断食が残念ながら不成功に終わってしまうことでなぜか肥満しやすい体になってしまう場合もありますので、少し心しておいた方がいいかもしれません。

 

 

 

酵素断食を行う際に、最も効果があるのは、夜のごはんをコウソドリンクにするという食生活を一ヶ月以上継続することです。理想とする体重まで減らすことができても、突然に元の食生活に戻してしまうのではなく、摂るカロリーを減らした消化の良い食事にしましょう。

 

 

 

また、コウソダイエットを終わりにしたとしても体重計に毎日乗ることで、リバウンドに注意を払うことが大事な点です。酵素ダイエットだけでなく運動もすると、よりダイエット効果が高くなるでしょう。運動と言うと大変に聞こえますが、ストレッチだとか、ウォーキングで充分です。

筋肉が減ってしまわないようにちょくちょく体を動かしましょう。

軽めの運動を行うと、理想とする体型に少しずつ近づけるでしょう。

そうはいっても、激しい運動は身体に負担が大きいため、辛くない程度の運動にしましょう。

普通の減量法では部分痩せというのはなかなか難しいとされてきましたが、酵素ファスティングが進むと、実は足痩せの効果も出てきます。理屈としては酵素ダイエットの実行で、代謝機能の高まりによって体内の老廃物がどんどん出されて、このため余分な脂肪が蓄えられることがなくなりますし、むくみも徐々に取れていきます。こんな風にして、足痩せは進行していきます。ですけれど、足痩せ効果をよりはっきりとしかも短期間で得たい場合、体液の流れをよくするためのマッサージだったりエクササイズなども取り入れていくのが良いです。

喫煙者であっても、コウソダイエットを行っているときはなるべく禁煙してください。

 

 

 

酵素をせっかく摂ったのに、喫煙すると、タバコの有害物質を体外に出すために利用されることになります。タバコを吸うと肌に悪い影響を与えてしまうので、医者と状況を話し合いながら止めると良いですね。

 

 

 

コウソファスティングについてはだいぶ周知されてきたようです。

 

 

 

KOSOダイエットとは人体に欠かすことのできない栄養素の一つ酵素を積極的に摂るようにして、溜めこんだ老廃物を出す働きを強めたりなど、代謝機能を高めてその状態をキープすることで、それがダイエットになります。

 

 

酵素入り液や酵素補助食品を飲んで酵素断食法を始める人が多いのですが、これにプチ断食を併せるとより効果的に断食を進めていけるようです。

 

 

ちなみに普段私たちは生野菜や火を通さない果物を食べることで、少なくとも生きるのに必要な分の酵素は摂れています。デトックスを酵素断食で行うときの外せないポイント

 

 

プチ断食

関連エントリー
プチ断食で失敗するとなぜか肥満しやすい体になってしまう