Top > 健康 > 子供の知能の発育を支えるDHAについて

子供の知能の発育を支えるDHAについて

海藻には血管の老化の予防や改善につながる不飽和脂肪酸と呼ばれる成分を有します。

 

 

 

中でもDHAについてはよく知られるところとなっています。これは幼い子の知能の生育に役立つと言われている成分です。海藻類にこのような貴重な栄養が豊富なのは、海洋の滋養分がグッと詰め込まれているからです。

海藻を利用したサラダなどを日々テーブルに並べて、海のエネルギーで健康な体を築きましょう。

 

野菜の栄養としてミネラルも忘れてはいけません。

ミネラルは体を成す成分であるともに、口から食べるものの消化や吸収、不要なものの排泄、体内活力の産生など生理作用をいい具合に整える働きがあります。

また野菜類はお通じを良くし、腸内の有害物もきれいに排出する食物繊維がたくさん含まれることを忘れてはいけません。

これらは体の中で生成されませんから、食べ物から摂取することが不可欠なのです。

海藻はまるで野菜のようにビタミン類にミネラルなど健康増進に役立つ成分をめっちゃ多くもっています。また白血球の働きを強化して、有効成分がなどガンを含む生活習慣病を防ぎ、免疫力をアップさせる効果のある食材です。水に溶けやすい食物繊維が海藻にはたくさん含まれます。

腸内の善玉菌をいっぱいに増やし、大腸の蠕動運動をサポートし、ビタミンB群をたくさん作りだすことなど肝要な働きを持ちます。

 

 

小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで成人の脳の約85%にも発達していきます。

それからは訓練によって少しずつ発達し、まるで筋力をアップさせるためにトレーニングする時と同じように知能に刺激を与えることによって能力が高まっていきます。栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳機能の発達を支える栄養素です。

 

 

さらには話題の成分であるDHA・EPAというのは脳内で情報の伝わり方を促進する作用があるのでしっかり摂取したいところです。DHA サプリ 子供

 

食べ物は小児の発育を支えているものです。

 

 

 

食べ物が身体に与えるインパクトは、場合によっては医薬品以上です。小児が毎日食べているものは成長を左右する要因となることがあります。

 

 

 

周りの成人、中でも親としては、それを頭の置いたうえで子どもを育てなくてはなりません。

 

 

食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも強力な役割を果たしますし、脳がしっかりと発達するのにも重要です。現代に生きる子供らは身長も高くて手足もギュンと長くなっており、旧時代の人たちよりクールなスタイルです。こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から欧米の動物性食品中心の食事形式に好みが変化してきたことがあります。

しかし、糖尿病やガンなど昔の日本では深刻ではなかった病気が多くなっているのです。

 

より気にかかるのは子どもたちのメタボや生活習慣病もどんどん多くなっていることです。

 

どんどん成長していく子どもは栄養面でよく考えられた食事メニューを急がずにゆっくりと楽しい雰囲気で食べるのが最善です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、もともと身体が求める栄養分の適正レベルが狂うことがあります。

 

 

 

これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度のご飯をつがせて、自分が食べられる量について感覚としてつかむよう教えていますが、効果的な手段といえそうです。

青汁にたくさん含有されるビタミンは、他の栄養素の代謝を支える、身体の生命活動のバランスを取るなどの効果があります。無数の細胞にエネルギーを与え、免疫システムを強化するために、なくてはならない栄養なのです。

ブロッコリーやパプリカなどのベジタブルや桃やバナナなどの果物を通して摂取できるビタミンは白血球のパワーを高めて免疫を向上させます。

 

健康

関連エントリー
子供の知能の発育を支えるDHAについて